金属切削加工・長尺シャフト加工・小ロット品から量産品までお任せ下さい。

0494-22-1378

受付:9時~18時 (土・日・祝日定休)
メールでのお問合せ

原製作所からのお知らせ

新機械導入!『SB20RG』

こんにちは。

9月末に2台の新機械を導入しましたが、引き続きまた機械を導入しましたのでご紹介です!!

いつもの弊社定番機、SB20RGです!!

 

前回も導入しましたが、SB20RGは弊社で一番多く所有している機械です。

使い勝手の良さと剛性、SR並みの加工能力、多種多様な加工に対応できます!

 

今回も古いSR16との入れ替えとなりました。

 

 

このSR16もシャフトを主として、オールマイティに活躍してくれた立派な機械です!!

この機械も前日まで問題なく動いておりましたが、

保守が終了する安川のNCを積んでおり、色々なトラブル等もあり、老朽化のため泣く泣く入れ替えとなりました。

これで1号棟の機械たちも徐々に入れ替えが進み、最新の機械にアップデートされてます。

同じ台数ですが効率は上がってます!

 

 

★小ロット多品種、ステンレス小物部品、シャフト加工、NC自動旋盤による精密部品加工、金属切削加工ならお任せ下さい!

新規機械2台導入!!『SB-20RG』&『SB-16Ⅲ』

先日9月14日に機械を2台導入しました!

今回の2台は古い機械との入れ替えとなりました。

 

まずはSB-20RGです!!

 

SB20RGは弊社で一番多く所有している機械です。

使い勝手の良さと剛性、SR並みの加工能力、多種多様な加工に対応できます!

 

SR16との入れ替えとなりました。

このSR16は精密な小物部品に特化して、原製作所内の部品生産数ではおそらく1.2番くらい多く製品を作り続けた機械です。

長年酷使してきた結果、度重なる修理となってしまい、泣く泣く手放すことになりました。

本当によく働いてくれた機械だと思います。

 

 

次に同時に導入したのが

SB-16Ⅲです!!

 

今年2月に2台導入した機械と同じで、今回が3台目となります。

16型というコンパクトさでありながら、剛性もあり、必要最低限の工具本数でクイックに段取り替えができます。

こちらはRNC16との入れ替えとなりました。

RNC16は自分が初めて使った機械でもあり、入門機として社長をはじめ、小林、弟たちと受け継がれて、長きに渡り原製作所を支えてくれた偉大な機械です。

こちらは前日まで動いていたくらいまだ現役で働いていたのですが、乗せる仕事が限られてしまうこと、新機械が入ることでそちらの方が生産性が向上するため、入れ替えとなりました。

 

ありがたいことに新しい工場も機械が入るスペースがないくらいいっぱいとなり、今回は入れ替えとなりました。

スペースに限りがあるため、今後は古い機械を更新していくことで生産性を高めていくというフェーズに入っていきます。

限られた人数・機械の中でいかに効率よく仕事ができるか考えていきます!!

 

★小ロット多品種、ステンレス小物部品、シャフト加工、NC自動旋盤による精密部品加工、金属切削加工ならお任せ下さい!

*お知らせ*『なりすましメール』注意!!

*お知らせ*

弊社を名乗るなりすましメールにご注意下さい。

 

差出人が有限会社原製作所になっておりアドレスが異なるようです!
本文には弊社のアドレスが記載されており、あたかも弊社から送ったメールのように作られております。
添付ファイルはZIPファイル、エクセルファイル等があり、

添付のZIPファイル等は絶対に開かず削除いただくようお願いいたします。

弊社とお取引をされているお客様に関しては、怪しいメールが届いた場合、削除いただくか、疑問に思った場合はお手数でも弊社へ一度お問い合わせ下さい。

なお弊社ではウイルス・セキュリティ対策は万全にしており、弊社の情報が漏れた形跡はなく、ウイルス等にも感染はしておりません!

このようななりすまし被害が全国的に広がっているようです。

偽装されたメールがランダムに送信されているようですのでご注意下さい。

 

★小ロット多品種、ステンレス小物部品、シャフト加工、NC自動旋盤による精密部品加工、金属切削加工ならお任せ下さい!

新機械『SB-16Ⅲ』2台導入!!

こんにちは。

今回新たな設備を増やしました!!

それがこちら!!

スター精密製、SB-16Ⅲです!

今回、同じ機械を2台導入しました!!

 

必要最低限の機能をコンパクトにまとめた機械で、古い機械のRNC16やSR16辺りの入れ替えをターゲットに作られた機械です。

SBシリーズの使いやすさで機械のサイズはコンパクトに抑えられております。

そのため、今回は1号棟のRNC16のところと汎用旋盤を移動し、なんとか入れることができました!

 

スペックとしてはクシ刃6本、クロス回転工具3本、バック4本と必要最低限の機能で十分な加工能力はあります。

さらにオプションで中圧クーラントも装備し、今までRNC16やSR16で加工していた製品や、SB20でやりきれない製品などを加工できるようになります。

これで生産性がかなり向上すると思います!

今回の2台の担当は4男の海星です!

これからバリバリ動いてくれるでしょう!

★小ロット多品種、ステンレス小物部品、シャフト加工、NC自動旋盤による精密部品加工、金属切削加工ならお任せ下さい!

新機械『SR-38typeB』導入!!

こんにちは。

本日ついに新機械『SR-38typeB』を導入しました!!

 

 

スイス式主軸移動型自動旋盤としては最大クラスの機械です!!

朝から作業をしていただき無事に搬入・据付完了しました。

トラックに付属のユニックでは機械重量が重すぎて持ち上がらないため、別のクレーンが一緒に来ました!

トラックに乗ってる状態ではそこまでではないかな?という印象でしたが、

無事に降ろしてからはだんだんとデカさの実感が湧いて来ました!

 

この広く開けたスペースですがドーンとデカいのが入りました!!

↓↓↓↓↓

 

いろいろに機能が盛り込まれたハイスペックの機械ですので、

詳しいご紹介はまた次回のブログで!!

 

★小ロット多品種、ステンレス小物部品、シャフト加工、NC自動旋盤による精密部品加工、金属切削加工ならお任せ下さい!

新規機械『SR20JⅡTypeB』導入!!

こんにちは。昨日ついに最新機、スター精密製CNC複合自動旋盤SR-20JⅡ TypeBが導入されました!

これでSR20JⅡは3台目になりました。

以前導入した機械と全く同じ仕様です。機械の説明は過去のブログをご覧下さい。↓↓↓

最新機SR−20JⅡTypeBのご紹介

 

今回の設置場所は前回のブログでも紹介したKNC32があったところに入れ替えとして導入しました。

KNCがだいぶ大きな機械でしたので場所に余裕があるため、写真左奥にあるSB20RGを手前に動かし、奥の通路のスペースを確保するようにしました。

今回の機械は小林が担当します。

ベテランオペレーターですので、すぐに段取り完了し早速本日から稼働しています!

すでに予定はぎっしり詰まっております!

KNCのかわりに原製作所の稼ぎ頭としてバリバリ働いてくれるでしょう!!

 

 

★小ロット多品種、ステンレス小物部品、シャフト加工、NC自動旋盤による精密部品加工、金属切削加工ならお任せ下さい!

機械導入しました!SB-20RG追加!

こんにちは。

昨日、スター精密製CNC複合自動旋盤、SB-20RGが新たに追加されました!

SBシリーズはこれで9台目となります!

今回もいつもと全く同じ仕様の機械です!

SBの説明は過去ブログ参照ください。↓

https://hara-works.com/news/?p=157

 

最近の受注の逼迫に対応するためメーカーに無理を言ってなんとか見つけていただいた1台です。

工作機械受注もすごいらしく今注文しても来年くらいになるそうです・・・

それがすぐに入ったことはかなりありがたいことです。

初日から海星に段取りをしてもらい、早速起動してバリバリ動いてもらいます。

これで機械の台数が合計23台となりました!

休日のお知らせ

2021年7月22日(木)~7月25日(日)休日となります。

なお7月19日(月)は通常営業致します。

宜しくお願い致します。

 

★小ロット多品種、ステンレス小物部品、シャフト加工、NC自動旋盤による精密部品加工、金属切削加工ならお任せ下さい!

キーエンス画像測定器導入!

こんにちは。ついにKEYENCE(キーエンス)の画像測定器を導入しました!

こちらが高精度画像寸法測定器 LM-1000です!!

このキーエンスの画像測定器は最大で100個を同時測定でき、OK・NGの判定を自動で行なってくれます。

弊社で扱うシビアな寸法の製品の外径・内径などの全数検査にかなり役立ちます。

自動検査ロボットという感じです。

今回の導入したモデルはカメラのレンズが高精度の上位機種を導入しました。

同業他社がひしめく秩父地域ですが、この最上位機種を導入している企業はごくわずからしいです!

最小精度保証は0.0001です!(±0.1μm)

弊社で扱う製品は0.001(1μm)ミクロンの世界ですが、メーカーいわく測りたい製品の10分の1までの測定精度保障の測定器が必要らしいです。

 

今まではミツトヨの測定顕微鏡を使用していましたが、どちらかというと『1個の製品をしっかり測定する。』

という感じで最終確認と形状の確認が目的です。

ミツトヨは測定ルームで引き続き使用し、今回のキーエンスは検査棟の方に置いてあります。

今まで画像測定機というと円周上の測定しかできないし、平面の製品(どちらかというと精密板金ものなど)向けかなと思っておりましたが、マイクロで全数を確認したり、ピンゲージで通止を全検したりという製品がかなり多くなってきたため今回導入に至りました。

しかも測定したい箇所の内容が保存できるため一度どこを測るという内容で測定すれば、別の時に測定内容を呼び出しすぐに測定ができるのも良いところです!

また治具などを使用して並べる必要もなく、向きがランダムに置かれていても自動で認識して測定してくれます。

多品種少量生産の弊社にもマッチする測定器で、全数検査を主として行う弊社ではこれからかなり活躍してくれると思います。

すぐに追加の一台が欲しくなりそうですね〜。笑

★小ロット多品種、ステンレス小物部品、シャフト加工、NC自動旋盤による精密部品加工、金属切削加工ならお任せ下さい!

最新機!SR-20JⅡ TypeB導入しました!!

こんにちは。本日ついに最新機、スター精密製、CNC複合自動旋盤SR-20JⅡ TypeBが導入されました!

今年1月に導入した機械と全く同じ仕様です。機械の説明は過去のブログをご覧下さい。↓↓↓

最新機SR−20JⅡTypeBのご紹介

朝から作業に入っていただき、手慣れた方々がサクサクと搬入、午前中には据付完了しました。

今回もオートバー(給材機)はアルプスです!

2号棟はまだスペースに余裕があるため、搬入もしやすく、問題なく据付完了です。

ミストコレクター、チップコンベアもバッチリ取り付けていただきました!

加工担当者は次男の将平が担当します。

納入検収、備品チェックなど、加工担当者が責任を持って行うことが新機械導入時からの弊社の恒例です。

ここでわからないことや、機械の説明などをメーカーの方に直接聞くことができるので、豆知識や、こういう機能もあったのか!と勉強になることも多々あります。

新品の機械は良いですね!これからバリバリ働いてくれるでしょう!

これで弊社のCNC複合自動旋盤は合計22台になりました!

★ステンレス小物部品、シャフト加工、CNC複合自動旋盤による精密部品加工ならお任せ下さい!

有限会社原製作所のウェブサイトを開設いたしました。

この度、有限会社原製作所のウェブサイトを開設いたしました。
2021年で創業50年。長年のモノづくり技術で様々な製品を生産してきました。
当ウェブサイトでは、そんな原製作所の会社概要を始め、強み、技術紹介、設備情報、ニュースなどが一覧できます。
ご要望がございましたら、お問い合わせページや、TEL、FAXなどでもお気軽にご相談ください。
原製作所はこれまであまり外へアピールすることをせず、田舎の小さな工場として地道にコツコツと経験とノウハウを積み上げて来ました。
日々、少量多品種の高精度の製品を作るという弊社のスタイルが今の時代に必要だ!との思いから、まだ弊社の存在を知らない多くの方々にも存在を知っていただき、『良い製品を、より安く、より早く』提供したいと思い、今回ウェブサイトを作成しました。
これを足掛かりにこれから続々と新たな挑戦をする計画をしております。
50年の歴史と若いチカラで、新たなステージを目指して日々邁進していきます!
そんな決意も込めた初めてのブログ投稿でした。
これからも原製作所を宜しくお願い致します。
有限会社原製作所
専務取締役 原亮太

1 ~ 10件 / 全10件

技術紹介

原製作所について

原製作所について

〒368-0051 埼玉県秩父市中村町3丁目22-9
TEL. 0494-22-1378
FAX. 0494-22-9188
営業時間 9時~18時 (土・日・祝日定休)

ページTOPへ